サッカーフランス女子代表

サッカーフランス女子代表は、フランスサッカー連盟(FFF)による女子サッカーのナショナルチームである。

サッカーフランス女子代表は、1971年4月17日に行われたオランダ戦において国際サッカー連盟(FIFA)に初めて公認した女子代表である。

FIFA女子ランキングでは常にトップ10下位に位置して入るものの、他に多くの強豪チームを抱える欧州サッカー連盟(UEFA)においてトップクラスに立つには至っておらず、2009年と2013年でUEFA女子選手権は最高でベスト8。サッカーフランス女子代表は2回女子ワールドカップを出場し、初出場は2003年、最高の成績は2011年に取り、4位になった。初めてのオリンピックとなる2012年ロンドンオリンピックの出場権を得た。ロンドンオリンピックでは4位となり、メダルにはあと一歩届かなかった。

UEFA欧州女子選手権の成績: