フィリップ・ベルジュロー

サッカーフランス女子代表の監督:フィリップ・ベルジュロー

フィリップ・ベルジュローはサッカーフランス女子代表の監督。1954年 1月 13日にフランス・シブールで生まれたフランス代表サッカー選手、サッカー指導者。 選手時代はゴールキーパーとして、FCジロンダン・ボルドー(1971-1978)、フランスリーグのリールOSC(1978-1983)やトゥールーズFC(1983-1988)でプレイした。

1979年10月10日のアメリカ代表との親善試合で後半から交代出場し初キャップを記録した。1982 FIFAワールドカップの代表メンバーには選出されなかったが、UEFA欧州選手権1984のメンバーには選出され優勝を経験。1986 FIFAワールドカップメンバーにも選出された。

1988年に現役を引退した。多くチームの監督に担任した。パリ・サンジェルマンFC (1999-2001)、スタッド・レンヌ(2002)、フランス代表世代別( 2003, 2003-2004, 2007-2008, 2010-2011)。1990年から98年までフランス代表のGKコーチとしてファビアン・バルテズらを指導し、1998 FIFAワールドカップ優勝に貢献。1999年にパリ・サンジェルマンFCの監督に就任し初采配を振った。2013年にフランス女子代表の監督に就任した。それ以外に、2004年に開催されたU-17欧州選手権優勝へ導いた。