アントワーヌ・グリーズマン

  • 匿名
  • 2017.6.25
  • Hits:90

アントワーヌ・グリーズマンは1991年3月21日に生まれた。出身地はフランス・マコンである。今、リーガ・エスパニョーラ・アトレティコ・マドリード所属するサッカー選手である。

グリーズマンの母方の祖父アマロはかつてFCパソス・デ・フェレイラの選手だった。家族の薫陶を受け、少年期からサッカーに興味を持っていた。しかし、細くて小さい体だったため、9クラブの入団テストに落ちている。13歳の時、ついに、レアル・ソシエダのスカウトに才能を見込まれ、下部組織に入団した。その後、サッカー界で活躍になってきた。

2010年にUEFA U-19欧州選手権においては、U-19フランス代表の一員としてピッチに立ち、チームの優勝に貢献した。地元開催したUEFA EURO 2016本大会において、ゴールデンブーツと最優秀選手賞を重賞した。そして、2015年リーガ・エスパニョーラの試合では再度最優秀選手を得た。

近年以来、若い選手としての彼は人気になり、、サッカー界で華々しい活躍ぶりしてきた。2017年5月、ESPN(Entertainment and Sports Programming Network)は世界で最も有名なアスリート100人を発表し、36位に選出された。サッカー選手としては11位になった。みんなの期待に背かないを信じられる。