カリム・ベンゼマ

カリム・ムスタファ・ベンゼマ(Karim Mostafa Benzema )は、 1987年12月19日に生まれ、出身地はフランス・リヨンである。今、リーガ・エスパニョーラのレアルマドリードに在籍し、ポジションはフォワード(FW)。背番号は9番、利き足である右足である。 2007-08年のリーグ・アン得点王、2008年リーグ・アン最優秀選手賞、2008年リーグ・アンベストイレブン、2008年ブラヴォー賞、2011・2012年フランス年間最優秀選手賞を受賞した。

法律に反する為、フランス首相のマニュエル・ヴァルスは「偉大なスポーツ選手は模範的でないとならない。そうでないならば、フランス代表のチームに居場所はない」と批判されたことがあった。

それにしても、彼のテクニックが非常に高く、パワフルなプレーが魅力であり、高い得点力を持っていた。コスタス・マノラスは「技術があり、フィジカルも強い。完璧なFWだ。」と言った。カルロ・アンチェロッティ「素晴らしい選手だ。素晴らしいFWではない、素晴らしい選手なのだ。全てを備えた選手だ」と表現した。それに、2017年5月、ESPN(Entertainment and Sports Programming Network)は世界で最も有名なアスリート100人を発表し、44位に選出された。サッカー選手として、アントワーヌ・グリーズマンに次ぎ、15位になる。