スタッド・ド・フランス

スタッド・ドゥ・フランスは、フランスのパリ北郊、イル・ド・フランス地域圏セーヌ・サン・ドニ県にある多目的スタジアムである。

スタッド・ド・フランスは1998年のサッカーのワールドカップ、フランス開催の時に建設されました。長さは119m、広さ75m、建設費は2.85億ユーロをかかった。収容人数は8万人、時にはコンサートなども開催される巨大スタジアムです。

以来、こちらはフランス最大のスタジアムとして、フランス代表チームのホームスタジアムとして、数々の国際試合が行われている。欧州サッカー連盟(UEFA)の定めるスタジアム基準でも最高の「カテゴリー4」にランクされておる。また、サッカーだけでなく、ラグビーの代表チームのホームスタジアムもこちら。ちなみにラグビーフランスチームも、世界有数の強豪として知られています。収容人数は8万人、時にはコンサートなども開催される巨大スタジアムです。